マタニティピラティス

マタニティピラティス

ピラティスの一つにマタニティピラティスがあります。
これは妊娠中や産後にピラティスをすることを言うのですが、ヨガなども産前産後にマタニティヨガとして取り入れることで体によい影響を与えるといわれています。
なぜピラティスは体によい影響を与えるのでしょうか。

妊娠中にピラティスをすることは突き出てくるお腹や薄くなってしまう腹筋に対して、正しい姿勢と筋肉のバランスを保つことが出来るようになるからです。
そしてピラティスの呼吸をすることで肋骨の間の痛みが和らぎますし、ストレス解消や血液の流れを活発にしてくれます。

出産の際にも力まずに、自然に生むことが出来るというのもマタニティピラティスをするメリットです。
お母さんが苦しまずに自然に生むことは赤ちゃんにとっても、苦しまずに生まれることになりますし、お母さんが骨盤の後傾の練習をしておくことはとてもよいことなのです。

また産前にピラティスをするだけでなく、産後のピラティスもとても効果的です。
妊娠中に薄くなった腹筋を回復させることにも繋がりますし、産後の体型戻しにもとても効果があるといわれているのです。
ですから妊娠中、産後のマタニティピラティスを取り入れる人はとても増えています。

【オススメサイト】
岡山県 骨董品査定